個人的に燕市で作られる日本製のステンレスボウルをお勧めします。(7/25追記)

突然ですが、ステンレスボウルのお話です。

皆さん、ステンレスボウルにこだわりはありますか?

といわれましたも、なかなかこだわる所が少ないステンレスボウル。

ちなみに私はステンレスボウルにこだわっています。

こだわるポイントは2つ。

1つは「深さ」

もう1つは「産地」です。

今回は産地についてステンレスボウルのこだわりをお伝えします。

ステンレスといえば新潟県燕市

研磨技術も世界トップクラスであのipone磨いていたのも燕市です。

そんなステンレスといえば燕市ですが、なかなか知られていません。

僕自身も知りませんでした。ですので、この機会にお伝えしますと、

ステンレスのカトラリーから結構身近にあるステンレス製品。

しかも、町工場でつくられているので密かに応援しております。

ステンレスボウルもう一つのポイントとして深さがをあげます。

ボウルの深さは調理するレシピによってはかなり重要です。

深いボウルだと、粉物を混ぜるときに粉が飛び散らない。

泡だて器を使う時も深いボウルのほうが良いかもしれません。

ただ卵をかき混ぜるときはどうでしょうか?

小さく、浅いボウルのほうがより混ぜやすいと思います。

例を挙げるときりがありませんが、ステンレスボウルというものは食材や用途に合わせて使い分けるのがベターです。

また、同じシリーズで大きさ違いを購入するとスタッキングできることが多く、これもお勧めですね。

必要に応じてステンレスボウルを揃えて下さい。

 

カテゴリー: ノウハウ, 機器・道具・備品, 調理道具, 豆知識 | 個人的に燕市で作られる日本製のステンレスボウルをお勧めします。(7/25追記) はコメントを受け付けていません

第一回 業務用お好み焼きテーブルについて徹底調査

勝手にシリーズ連載?
今回はお好み焼きテーブルについて徹底調査していきます。

そもそもお好み焼きテーブルとは?

ikk-im-3150pm-of

その名の通りお好み焼きを焼くテーブルです。

いわゆるお好み焼き屋さんに置いてあるテーブルですね。

実はこのテーブルガスの準備がしっかりとしていれば、家でも設置することは可能です。

お好み焼きテーブルの良さとは?

お好み焼きテーブルの良さといえば、そのまま調理ができることでしょう。

まずは肉と野菜を炒めて塩コショウで味を整えながら麺を投入。

あとはお好みでソースを加えて混ぜれば簡単です。

お店では自分で焼くことも多いと思いますが、実際に自宅でできると良いですよね。

お好み焼きテーブルはどこで作っているの?

お好み焼きテーブルやたこ焼き器の焼き台と呼ばれるものは、

実際に使われることが多い大阪で作られることが多いです。

さすが関西、大阪ですね。

次回はさらにお好み焼きテーブルを詳しく解説していきます。

カテゴリー: ノウハウ, 別注 オーダーメイド, 厨房機器, 機器・道具・備品, 豆知識 | 第一回 業務用お好み焼きテーブルについて徹底調査 はコメントを受け付けていません

ひと味違うロゴ入りポテト袋について

現在も調査中では有りますが、
先日、お客様より、自社のロゴ入りのポテト袋が出来ないかお問い合わせいただきました。

答えとしては、だいたい出来ます。

2-0669-0901

但し、

オーダーメイド別注のロゴ入りとなりますので

・納期
・金額
・ロット

こちらの条件があります。

例えば納期についてですが、
通常のポテト袋であればご注文いただいて、早ければ即日出荷しております。

ただしオーダーメイドとなりますと、版を作り、印刷をしてからの納品となりますので、
1週間~3週間近くかかることが多いです。

今回のポテト袋は現在も調査中では有りますが、
やはり、ロットについても一度に大量の印刷をしなければ
版代がかかり、一枚あたりのコストがだいぶ高くなります。

あくまで参考程度になりますが、
10000枚以上のロットでオーダーメイドになるかと思います。

通常の販売単位が100枚単位ですので、
人によっては多いと感じるかもしれません。
ただ、オリジナルの世界で一つだけのポテト袋になりますので、
お客様がお店を覚えてもらうきっかけになると思います。

一種の販促物と捉えてもいいかもしれません。
こういった名入れ商品については随時ご紹介してまいりますので、
もし宜しければ下記メールアドレスよりお問い合わせ下さい。

info@meicho.ne.jp

カテゴリー: 別注 オーダーメイド, 新商品, 機器・道具・備品, 調理道具 | ひと味違うロゴ入りポテト袋について はコメントを受け付けていません

カレー用ソースポット ゴールドをお探しの方へ

移動販売店を営んでいるお客様よりソースポットの問い合わせがありました。

金色(ゴールド)のソースポットを求めているとのこと。

0874_15

ソースポットとは?
ソースの器です。日本ではソースポットは、カレーのポットとして業務用に使われていまして、
レストランとか高級ホテルではお馴染みの?アイテムですよね。
別名はグレイビーボートと言われています。
新潟の燕市で作られている日本製のものが当店の取扱で多いです。
さてさて、話はそれましたが、
金色(ゴールド)のソースポット。

今はまだお見せできませんが、
金メッキ加工を施し、対応が可能です。

カレー用のソースポットですので、
金色のものが良いなと僕も思いますが、
なかなかないんですよね。

地味に日本初登場の予感がします。
しかも、燕市で作るのでメイドインジャパン。日本製です。

どうやらステンレス製の調理機器は、
だいたいメッキ加工ができるとのこと。

もちろん別途費用はかかりますが、
オーダーメイドのここにないアイテムは魅力的ですよね。

商品化にご期待ください。

ゴールデンソースポットとでも名づけましょうか。
いわゆる、オーダーアイテム(別注)の一種となりますので、
お問い合わせ頂ければ御見積もとれます。

もし宜しければ下記メールアドレスよりお問い合わせ下さい。

info@meicho.ne.jp

カテゴリー: 別注 オーダーメイド, 新商品, 機器・道具・備品, 調理道具 | カレー用ソースポット ゴールドをお探しの方へ はコメントを受け付けていません

業務用冷蔵庫の中古について

今回お話するテーマは、「業務用冷蔵庫の中古」についてです。

業務用冷蔵庫の中古について実際どうなの?

ヤフーオークションや中古厨房機器ショップではお馴染みの中古業務用冷蔵庫。
確かに価格面では大変魅力的で中古の厨房機器というのは、
飲食店をオープンする際にコストをカットする箇所の一つでも有ります。

ただ、新品と比べますと不安な面もございまして、
一つは保証です。

業務用冷蔵庫はいわば厨房における生命線。
万が一故障した日には、保存していた食材の廃棄はもちろんですが、
営業に支障がでますし、利益を削ることになります。

業務用冷蔵庫ってどれくらい耐用年数があるの?

耐用年数についても、先にお話した中古は、いつまで動くのか不安ですよね。
新品については使用条件にもよりますので、正確なことは申し上げられませんが、
中古よりは長持ちする秘訣がございます。

それは日々のメンテナンスになります。

メンテナンスを行うことで耐用年数の延長はもちろんですが、
最良なコンディションで動作することで無駄な動き(電力の消費)が少なくなり、
結果的に電気料金の節減につながります。
先にお伝えした故障のリスクも少なくなり、利益を削ることがありません。

当店では、耐用年数のことも有り、できれば新品をお勧めします。
また、耐用年数は、メンテンナンスで変わる!
是非、新規でご購入の際はメンテナンスもしっかり行って下さい。

 

業務用冷蔵庫が壊れた時の入れ替えと処分について

先ほど故障について話が出たと思いますが、
基本的に故障した場合、冷やすために新たな業務用冷蔵庫を手配しなければなりません。
その際に新しい冷蔵庫を入れ替え、古い冷蔵庫を処分しなければなりません。

手配の仕方は様々ですが、
おすすめは、新規購入時に入れ替えと撤去・廃棄をご依頼頂くのが一番スムーズです。

よく中古の業務用冷蔵庫を売却される方もいらっしゃいますが、
売れないときの場所の問題や、其の場所の賃料を考えれば、
一緒に処分するのがベターです。

当店では新規購入時に入れ替えや廃棄の見積もとっておりますので、
気になる方は、お問い合わせください。

処分費用については、業務用冷蔵庫の大きさや地域によって異なりますので、
おおよその御見積を出すことはできません。
まずは当店にお問い合わせ頂き、詳細をお伝え下さい。

 

業務用冷蔵庫の買い取りについて

先ほど中古の業務用冷蔵庫の売却についてお伝えしましたが、
残念ながら当店では中古の業務用冷蔵庫の買い取りは行っておりません。

基本的には、新規購入時に廃棄の御見積をしております。

業務用冷蔵庫の買い取りはインターネットを通じて、
対応しているお店にお問い合わせいただくのが最適です。

その際に搬出料金など思っていなかった費用を取られることがあります。

当店では中古の業務用冷蔵庫を販売しておりませんが、
新品の冷蔵庫の事ならお任せ下さい。

カテゴリー: ノウハウ, 厨房機器, 機器・道具・備品, 豆知識 | 業務用冷蔵庫の中古について はコメントを受け付けていません